2014_11
20
(Thu)09:07

【デッキ】スリヴァーズ(EDH改仕様)@MTG

■統率者
スリヴァーの首領/Sliver Overlord
or
スリヴァーの女王/Sliver Queen
or
スリヴァー軍団/Sliver Legion
or
巣主スリヴァー/Sliver Hivelord

【クリーチャー】
かぎ爪のスリヴァー/Talon Sliver 1
歩哨スリヴァー/Sentinel Sliver 1
鎧のスリヴァー/Armor Sliver 1
鋼体スリヴァー/Steelform Sliver 1
骨鎌スリヴァー/Bonescythe Sliver 1
板金スリヴァー/Plated Sliver 1
羽軸スリヴァー/Quilled Sliver 1
湿布スリヴァー/Poultice Sliver 1
精油スリヴァー/Essence Sliver 1
監視スリヴァー/Watcher Sliver 1
護法スリヴァー/Ward Sliver 1
肺臓スリヴァー/Pulmonic Sliver 1
横這スリヴァー/Sidewinder Sliver 1
筋力スリヴァー/Sinew Sliver 1
血清スリヴァー/Lymph Sliver 1
束縛スリヴァー/Constricting Sliver 1
奇声スリヴァー/Screeching Sliver 1
風乗りスリヴァー/Galerider Sliver 1
有翼スリヴァー/Winged Sliver 1
霧衣スリヴァー/Mistform Sliver 1
記憶術のスリヴァー/Mnemonic Sliver 1
陰影スリヴァー/Shadow Sliver 1
催眠スリヴァー/Mesmeric Sliver 1
念動スリヴァー/Telekinetic Sliver 1
神経スリヴァー/Synapse Sliver 1
変容スリヴァー/Shifting Sliver 1
同期スリヴァー/Synchronous Sliver 1
心霊スリヴァー/Psionic Sliver 1
拡散スリヴァー/Diffusion Sliver 1
凝塊スリヴァー/Clot Sliver 1
墓所スリヴァー/Crypt Sliver 1
激情スリヴァー/Frenzy Sliver 1
魂のムチ打ちスリヴァー/Mindwhip Sliver 1
幽体スリヴァー/Spectral Sliver 1
吸管スリヴァー/Syphon Sliver 1
毒素スリヴァー/Toxin Sliver 1
吸血スリヴァー/Vampiric Sliver 1
疫病スリヴァー/Plague Sliver 1
心鞭スリヴァー/Mindlash Sliver 1
基底スリヴァー/Basal Sliver 1
吐毒スリヴァー/Spitting Sliver 1
血吸いスリヴァー/Leeching Sliver 1
先制スリヴァー/Striking Sliver 1
ハートのスリヴァー/Heart Sliver 1
狩人スリヴァー/Hunter Sliver 1
棘のスリヴァー/Barbed Sliver 1
刀刃スリヴァー/Blade Sliver 1
誘導スリヴァー/Homing Sliver 1
収差スリヴァー/Blur Sliver 1
断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver 1
戦闘スリヴァー/Battle Sliver 1
茨投スリヴァー/Thorncaster Sliver 1
憤怒スリヴァー/Fury Sliver 1
乱打スリヴァー/Battering Sliver 1
溶岩スリヴァー/Magma Sliver 1
双頭スリヴァー/Two-Headed Sliver 1
菅草スリヴァー/Sedge Sliver 1
好戦スリヴァー/Belligerent Sliver 1
悪性スリヴァー/Virulent Sliver 1
筋肉スリヴァー/Muscle Sliver 1
活性スリヴァー/Quick Sliver 1
宝革スリヴァー/Gemhide Sliver 1
紡績スリヴァー/Spinneret Sliver 1
捕食スリヴァー/Predatory Sliver 1
マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver 1
樹根スリヴァー/Root Sliver 1
繁殖スリヴァー/Brood Sliver 1
菌類スリヴァー/Fungus Sliver 1
増力スリヴァー/Might Sliver 1
大身スリヴァー/Megantic Sliver 1
鳴動スリヴァー/Groundshaker Sliver 1
有角スリヴァー/Horned Sliver 1
反射スリヴァー/Reflex Sliver 1
毒牙スリヴァー/Venom Sliver 1
水晶スリヴァー/Crystalline Sliver 1
冬眠スリヴァー/Hibernation Sliver 1
酸性スリヴァー/Acidic Sliver 1
針刺スリヴァー/Spined Sliver 1
給食スリヴァー/Victual Sliver 1
調和スリヴァー/Harmonic Sliver 1
壊死スリヴァー/Necrotic Sliver 1
乳白スリヴァー/Opaline Sliver 1
狂気スリヴァー/Dementia Sliver 1
霊炎スリヴァー/Ghostflame Sliver 1
火跡スリヴァー/Firewake Sliver 1
熱狂スリヴァー/Frenetic Sliver 1
暗心スリヴァー/Darkheart Sliver 1
焼灼スリヴァー/Cautery Sliver 1
休眠スリヴァー/Dormant Sliver 1
スリヴァーの首領/Sliver Overlord 1
スリヴァーの女王/Sliver Queen 1
スリヴァー軍団/Sliver Legion 1
巣主スリヴァー/Sliver Hivelord 1
メタリック・スリヴァー/Metallic Sliver 1
ヴェンセールのスリヴァー/Venser's Sliver 1
スリヴァー構築物/Sliver Construct 1
スリヴァー鍛冶/Sliversmith 1
ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermage 1

【ソーサリー】
巣の活性化/Hive Stirrings 1
遠くの旋律/Distant Melody 1

【エンチャント】
野生のつがい/Wild Pair 1

【アーティファクト】
巣石/Hivestone 1
ハートストーン/Heartstone 1
統率者の宝球/Commander's Sphere 1

【土地】
平地/Plains 7
島/Island 7
沼/Swamp 7
山/Mountain 7
森/Forest 7
スリヴァーの巣/Sliver Hive 1
魂の洞窟/Cavern of Souls 1
真鍮の都/City of Brass 1
マナの合流点/Mana Confluence 1
宝石鉱山/Gemstone Mine 1
古代の聖塔/Ancient Ziggurat 1
水晶の採石場/Crystal Quarry 1
断ち割る尖塔/Rupture Spire 1
ギルド渡りの遊歩道/Transguild Promenade 1
ゆらめく岩屋/Shimmering Grotto 1
未知の岸/Unknown Shores 1
鮮烈な林/Vivid Grove 1
鮮烈な小川/Vivid Creek 1
広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse 1
進化する未開地/Evolving Wilds 1
草原/Grasslands 1
岩山のタール坑/Rocky Tar Pit 1
アゾリウスのギルド門/Azorius Guildgate 1
イゼットのギルド門/Izzet Guildgate 1
オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate 1
グルールのギルド門/Gruul Guildgate 1
ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate 1
シミックのギルド門/Simic Guildgate 1
セレズニアのギルド門/Selesnya Guildgate 1
ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate 1
ボロスのギルド門/Boros Guildgate 1
ラクドスのギルド門/Rakdos Guildgate 1

【バランス】
□デッキ:166
□1マナ:8
□2マナ:32
□3マナ:25
□4マナ:16
□5マナ:17
□6マナ:5
□7マナ:1
□土地:62
□基本地形:35
□特殊地形:27
□クリーチャー:98
□プレインズウォーカー:0
□インスタント:0
□ソーサリー:2
□エンチャント:1
□アーティファクト:7
□白:17
□青:15
□黒:13
□赤:16
□緑:17
□茶:7
□白青:2
□白黒:1
□白赤:1
□白緑:2
□青黒:2
□青赤:1
□青緑:1
□黒赤:2
□黒緑:1
□赤緑:2
□白青黒赤緑:4
M15で新たにスリヴァーが追加されたので遅ればせながら更新。
既にスリヴァー関連のカードだけでも約100枚に達し、EDHの構築ルールの遵守は出来そうにありませんw
故にEDH改な訳ですがw
おそらく次の収録で、記念すべき100体目のスリヴァーが来る筈なのでそのデザインには期待ですね(´ω`)ノ

そんなこんなでデッキ枚数も166枚と相成りました。
もうデッキを切るのも少しメンドイレベルですw
しかしながら、デッキパワーはオールシナジーのスリヴァーズなので割と健在。
統率者を首領にしてる分には、状況に応じた盤面作りをするだけで大概のデッキとは渡り合えますが、
逆に速度が速いと普通にクソゲーまで持っていってしまうので、
メンツと使用デッキに応じて統率者は変えて行く所存です。

土地はちょいガチぐらいのこの程度のマイルドさで充分だと思うので、暫くはこれで行きます。
枚数調整も一応適切っぽいので、これでFAを出そうかと。

枚数的な話もあるので、スリヴァー関連以外の不純物カードは極力入れない方向にしています。
入れるとしてもタイプを指定してその枚数を参照するカードぐらいでしょうか。
現状だとマナの残響/Mana Echoesを入れて完成形としたいところですね。
云うても、入ったら入ったで容易に無限マナが発生出来るのでクソゲーとなりそうですが、
1/166はそうそう引けないでしょうし、盤面作りの準備やクイーンを引かなかければ確定で無限にはなりませんからね。
きっと大丈夫かとw

しかしながら、デッキ的にクリーチャー能力依存が強すぎて、
謙虚とかのクリーチャーメタカード1枚でデッキコンセプトが全否定されて乙るのは仕様ですw
その辺を割るカードの投入は他のプレイヤーとのバランス次第って事で(´ω`)ノ

さて、お次は蟲デッキでも組むとしますか。
こちらは100枚で構築はするのですが、欲を云えば緑黒赤辺りで組みたいので、
統率者をレジェンダリー以外にしたり、統率者の固有色に特例が入るので、
またしてもEDH改と云う構築になるのは不可避と云わざるを得ないですねw

まぁ、あくまでも趣味で楽しむ為のデッキですから、細かい話は気にしない方向で(´ω`)ノ

その後は、ホラーとかミノタウルスとかギルド門とか組む予定です(´ω`)ノシ
スポンサーサイト
2014_05
20
(Tue)03:01

【デッキ】残酷なミノタウルスのテーゼ@MTG

【クリーチャー】
骨の神託者/Oracle of Bones(HR) 1
骨の神託者/Oracle of Bones(R) 3
悪魔の皮の魂結び/Felhide Spiritbinder(R) 4
死呻きの略奪者/Deathbellow Raider(C) 4
怒血のシャーマン/Rageblood Shaman(R) 4
ボロスの反攻者/Boros Reckoner(R) 4
クラグマの戦呼び/Kragma Warcaller(HU) 1
クラグマの戦呼び/Kragma Warcaller(U) 3
憤怒売り/Ragemonger(U) 4

【ソーサリー】
残酷な根本原理/Cruel Ultimatum(R) 4
戦慄掘り/Dreadbore(R) 4

【アーティファクト】
バネ葉の太鼓/Springleaf Drum(U) 4

【土地】
血の墓所/Blood Crypt(R) 4
竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit(R) 3
悪意の神殿/Temple of Malice(R) 2
山/Mountain(C) 11

【バランス】
デッキ:60
1マナ:4
2マナ:8
3マナ:12
4マナ:8
5マナ:4
7マナ:4
土地:20
基本地形:11
特殊地形:9
クリーチャー:28
ソーサリー:8
アーティファクト:4
白:3
青:0
黒:0
赤:20
緑:0
茶:4
青黒赤:4
黒赤:12
更新しようと思ってから大分時が経っちゃいましたが、
大分前に組んだミノタウルスデッキです。
これを更新して思ったんですが、デッキレシピのフォーマットが確立出来てない事に気付きますた。
名称の前に■付けたり付けなかったり、レアリティ表記してたりしてなかったり。
つーこって、取り敢えず、今回のこんな感じをベースにして行こうと思います。
バランスに関しては、ハイブリッドのところだけ重複しちゃってますが、
ここはあくまでも目安なので細かい事は気にしない方向で。

デッキとしては、ミノタウルスをコスト軽減して展開したりパンプしたりしてビートダウンするデッキです。
と見せかけて、骨の神託者/Oracle of Bonesで残酷な根本原理ぶっ放したり、
悪魔の皮の魂結び/Felhide Spiritbinderでクリーチャーテキストを色々コピーして遊ぶデッキです。
凶悪なソーサリー&インスタントが増えれば増えるほど楽しくなるデッキなので将来性もそこそこ。
確か新弾で相手プレイヤーのコントロールを1ターン奪えるとか云う凶悪カードも出たので、
それを仕込んだ形も組んでみようと思います。

一応部族デッキとも。
私の作るデッキにしてはR以上のカードの比率が珍しく高いです。
云うてもデッキとしては割と安価な訳ですけどもw
ぃぁ、私が作るデッキとしては高い部類ですた。サーセン。

デッキ名はシンプルですが気に入っていますw
即興で付けた割には若干噛み合ってるしいいんじゃないでしょうか?(陶酔)
2014_05
10
(Sat)09:31

【デッキ】カウンタースリヴァーズのようなものの成れの果て@MTG

【クリーチャー】
風乗りスリヴァー/Galerider Sliver 4
奇声スリヴァー/Screeching Sliver 2
念動スリヴァー/Telekinetic Sliver 1
先制スリヴァー/Striking Sliver 2
ハートのスリヴァー/Heart Sliver 4
悪性スリヴァー/Virulent Sliver 4
宝革スリヴァー/Gemhide Sliver 3
マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver 4
熱狂スリヴァー/Frenetic Sliver 3
休眠スリヴァー/Dormant Sliver 4
壊死スリヴァー/Necrotic Sliver 1
調和スリヴァー/Harmonic Sliver 2

【ソーサリー】
遠くの旋律/Distant Melody 2

【インスタント】
Force of Will 1
撃退/Foil 1
対抗呪文/Counterspell 2
否定の契約/Pact of Negation 2
みなぎる活力/Vitalize 2

【土地】
島/Island 5
森/Forest 3
魂の洞窟/Cavern of Souls 4
真鍮の都/City of Brass 4

【バランス】
□デッキ:60
□0マナ:2
□1マナ:14
□2マナ:13
□3マナ:6
□4マナ:8
□5マナ:1
□土地:16
□基本地形:8
□特殊地形:8
□クリーチャー:34
□インスタント:8
□ソーサリー:2
□白:0
□青:15
□黒:0
□赤:6
□緑:13
□茶:0
□白黒:1
□白緑:2
□青赤:3
□青緑:4
卒業式から大分経ちましたが、少し前に使っていたカウンタースリヴァーズのようなデッキです。
除去対策を墓所による再生→水晶による被覆→冬眠によるハンドリバース→肺臓によるデッキリバース→護法によるプロテクション等々試しましたが、どうしても全体除去が厳しかったので、
50%のコイントスとは云え全体が生存出来る可能性を見れる熱狂スリヴァーを除去対策として据えたデッキを組む事にしました。
その際、生存確率を上げる為にクラークの親指の採用も検討しましたが、枠的に断念。
しかし、50%とは云え、単発除去やトランプル以外へのチャンプブロックとしての機能は十分備えているので、
除去対策としてのアドバンテージは割と半端なかったりします。
スリヴァー全体で共有出来る為、真髄の針とかにも妨害され難いのも高評価。

更に、休眠スリヴァーとの相性は抜群なので、互いのターンでドローソースとして機能させたり、
アタックに行くターンは休眠が熱狂テキストを宣言するだけで結果に関わらず盤面から消えるので、
この2体のギミックを駆使して超ドロー毒ビートするのがこのデッキのコンセプトとなります。

今思い返すと、なんでこのデッキ冬眠入れなかったのかな、とw
クリーチャーが尽きたらドロー止まるけど、マナと速攻と休眠と冬眠と1マナスリヴァーあれば、
1マナスリヴァーをライフが許すまでハンドに戻しドロー出来る上に、
1積みとは云えWillのハンドコストを冬眠だけで満たせますので、入れない理由がまったくないですね(´ω`)

一見ビートにも見えそうで見えないのは、このデッキがコンボデッキだからですw
基本的な勝ち筋はデッキ全てを引き切ってハンドにカウンター構えてますが、何か?って云う感じです。
綺麗にパーツ引けてれば最速4ターン目にはゲーム決まるかもです。
何気に奇跡デッキとかとの相性も抜群だったりしますw

一応勝ち筋がビートダウンなので、アタック出来なくなる罠の橋対策で調和が2枚入ってます。
対カウンター用に魂の洞窟も採用してあるので、場の維持に関しては除去だけ気にすれば良くて、
その除去に対しては熱狂で対応すると云うコンセプトです。
まずは着地出来るかどうか。ここで苦しめられていた時期があったので、魂の洞窟との出会いは大きかったですねぇ。

カウンターに関しては、欲を云えばWillが4枚欲しいところ。
後は目くらましとかも欲しいですねぇ。
撃退はちょっとコスト重いので、安定して打てるのはデッキ引ききった後ぐらいだったりします。

取り敢えず、このデッキは卒業したので、ビートダウンに特化しつつカウンターもしちゃうよって云う、
割と前向きなドローゴーチックなカウンタースリヴァーズを次は組もうかと。

デッキ更新が色々溜まっているので、頑張って1日1デッキ更新を目指して頑張ります~(´ω`)ノシ
2014_02
22
(Sat)08:35

【デッキ】カウンタースリヴァーズ@MTG

【クリーチャー】
骨鎌スリヴァー/Bonescythe Sliver 1
風乗りスリヴァー/Galerider Sliver 4
念動スリヴァー/Telekinetic Sliver 1
墓所スリヴァー/Crypt Sliver 1
先制スリヴァー/Striking Sliver 4
ハートのスリヴァー/Heart Sliver 4
悪性スリヴァー/Virulent Sliver 4
宝革スリヴァー/Gemhide Sliver 4
マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver 4
水晶スリヴァー/Crystalline Sliver 1
壊死スリヴァー/Necrotic Sliver 1
メタリック・スリヴァー/Metallic Sliver 4

【ソーサリー】
遠くの旋律/Distant Melody 2
暴走の先導/Lead the Stampede 3

【インスタント】
対抗呪文/Counterspell 2
否定の契約/Pact of Negation 2
みなぎる活力/Vitalize 2

【アーティファクト】
旗印/Coat of Arms 1

【土地】
島/Island 1
山/Mountain 2
森/Forest 8
古代の聖塔/Ancient Ziggurat 3
根縛りの岩山/Rootbound Crag 1

【バランス】
□デッキ:60
□0マナ:2
□1マナ:18
□2マナ:16
□3マナ:4
□4マナ:4
□5マナ:1
□土地:15
□基本地形:11
□特殊地形:4
□クリーチャー:33
□インスタント:6
□ソーサリー:5
□アーティファクト:1
□白:1
□青:11
□黒:1
□赤:8
□緑:17
□茶:5
□白青:1
□白黒:1
ほぃ。
紆余曲折を経て色々な形を組んだカウンタースリヴァーズが落ち着いた形がこれです。
云うても、サイドも仮組みだったり、EDHにカード持っていかれたりしていて少し半端だったりしますが(´ω`)

そう云えば、言及していなかったのでスリヴァーズの変遷も書いてみますか。

最初は、ただ各種スリヴァー並べるだけのビートダウン。決めては二段攻撃でしたね。
次は筋肉や捕食を序盤から並べて旗印で押し切るパワー型ウィニー。
この辺から軽い方向へシフトし、首領等の大型クリーチャーは別デッキで使おうと云うコンセプトへ変わりました。

そして、ウィニーだと場持ちが不安になってきたので、守るカードやカウンターを視野に入れ始めます。
故に場持ちの観点から、墓所を使った再生による場持ち重視にシフトして行く事になります。
この形は対ビートダウン相手なら、警戒&再生とパワーと体数で押し切れたので、勝率も安定してきました。

しかし、終止や火葬と云った再生出来ない除去や追放するカードを使われるようになり、
この形も安定感を欠いてきたので、また次のステップへ移行する事となります。

お次は、単体除去相手ならば、と水晶を入れ被覆を持たす事で更なる安定感の向上を試みました。
再生や自身へのサクリファイス効果とアンチシナジーではありますが、全体除去以外には圧倒的な場持ちを見せ、
全体除去だけはカウンターをすると云うコンセプトで狙い通りの成果を上げる事が出来るようにはなりました。

ただ、場持ちと速度の同居ってのはやはり噛み合わなくて、
早期決着が付くのであれば、場持ちやカウンターは最小限で良いのではないか?
と行き着いたのがこの形です。
基本的な勝ち筋は、毒カウンターによる特殊勝利で、
他には念動によるマナロック+ビートダウン&毒、旗印によるパワーゲー等。
後になって気付きましたが、旗印の枠は軍団でも良かったんですよね。
当時は軍団持ってませんでしたし、軍団は今EDHに出向しているので、まぁ、気にしない方向で。
それにこの形もこれで見納めで、そろそろ次のステップに進もうと思います。

そう。
遂に念願の熱狂と休眠を入手出来ましたので、今度はこの2種を使ったスリヴァーズを構築してみようと思います。
熱狂は、コイントスと云う曖昧さはありますが、明滅が成功すれば全体除去への耐性も付きますし、
休眠のCIP効果のドローともシナジーがありますし、アンタップする効果としても使って行けますので、
運用してみて手応えを感じたらクラークの親指辺りも仕込んで、熱狂をメインに据えたデッキ構築もしてみたいですね。
休眠は、防衛を持ってしまいますが、熱狂や他のサクリファイス効果でいつでもサクれるようにしておけば、
ドローエンジンとして機能しますので、1マナスリヴァーを多目に投入し、
マナスリヴァー+速攻とでボードアドとハンドアドを作りまくるデッキを組もうかと思います。
みなぎる活力も絡めれば、序盤からデッキを引ききるぐらいの事も出来る筈ですので、
上手に構築していきたいですね。
この形がカンスリの完成形になりそうだと確信したら、Force of Willの追加入手も視野に入れていきます。
ぃゃね、熱狂も休眠も念動も風乗りもデッキの主軸になるスリヴァーって結構青いんですよねぇ(´ω`)
あと、デュアルランドとまでは行きませんが、そろそろ土地も少しガチで見ていきますか。
古代の聖塔でも十分っちゃ十分なのですが、今はそこそこ安価ですし、真鍮の都ぐらいは入手してこようと思います。

MTGのデッキはライン引きが非常に細かい訳ですが、
この辺のライン引きすらも凌駕するぐらいの勢いで、
なるべく安価で戦えるデッキ構築と云うのも継続して行ければ幸いですね。
まぁ、縛りとかのネタデッキに関しては、限界があるので逆に相手にラインを求める形になったりもしますが、
ガチかカジュアルかとでその辺は楽しめる事を前提としてやって行ければ幸いですね。

次のデッキの更新は、ミノタウルス@スタンダードの予定です(´ω`)ノシ
2014_02
20
(Thu)04:02

【デッキ】荒ぶる迷路の終わり@MTG

【クリーチャー】
クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(R) 4
スカイシュラウドのレインジャー/Skyshroud Ranger(C) 4
旅するサテュロス/Voyaging Satyr(C) 4

【プレインズウォーカー】
荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave(SR) 1

【インスタント】
濃霧/Fog(C) 2
一瞬の平和/Moment's Peace(C) 4

【ソーサリー】
都の進化/Urban Evolution(UC) 4
探検/Explore(C) 4
根囲い/Mulch(C) 4

【土地】
迷路の終わり/Maze's End(SR) 4
アゾリウスのギルド門/Azorius Guildgate(C) 2
イゼットのギルド門/Izzet Guildgate(C) 2
オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate(C) 2
グルールのギルド門/Gruul Guildgate(C) 2
ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate(C) 2
シミックのギルド門/Simic Guildgate(C) 2
セレズニアのギルド門/Selesnya Guildgate(C) 2
ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate(C) 2
ボロスのギルド門/Boros Guildgate(C) 2
ラクドスのギルド門/Rakdos Guildgate(C) 2
森/Forest(C) 5

【バランス】
□デッキ:60
□1マナ:6
□2マナ:16
□3マナ:4
□4マナ:1
□5マナ:4
□土地:29
□基本地形:5
□特殊地形:24
□クリーチャー:12
□プレインズウォーカー:1
□インスタント:6
□ソーサリー:12
□緑:26
□青緑:5
迷路の終わりの特殊勝利に特化したブースト型。
云うほど荒ぶってはいませんが、まぁ、清原は割と荒ぶりますよw
ブーストをしまくる事で、以前と違い、相手がビートダウン等であれば、かなりの勝率が見込めるようになりました。
しかーし、相手がランデスとかハンデスだと厳しい戦いを強いられるので、
世界のるつぼ/Crucible of Worldsとかを入れて、
ガチ方向にシフトするのも視野に入れてみたくなってきました。
当初はネタでしたが、突き詰めると面白いデッキですのでサイドも込みで考えて行こうと思います。

スカイシュラウドのレインジャー/Skyshroud Rangerは、
桜族の斥候/Sakura-Tribe Scoutに変えられますし、
探検/Exploreの枠は花盛りの夏/Summer Bloomと枚数調整するのも良いかと思っています。

来月辺りにまたパーツを購入しに出掛けますので、その時までに色々と練っておこうと思います(´ω`)ノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。