--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_06
16
(Sun)15:40

【バトラー】万引きに対する当店のスタンス等の表明


カードショップとはおよそ切って離せないであろう万引きと云う弊害について当店のスタンスを改めて開示しておこうと云う試み。
基本的に万引きの実行犯になり得るであろう年齢層の方が当ブログを読んでいる線は薄いので、
実行犯への抑止力と云う意味合いよりかは実行犯になり得るであろう保護者の方へスタンスを提示する事を目的とした記事であると先述しておきます。

スタンスを提示するにあたって、それ以前の当店の万引きへの対応を明文化し、
その対応では不十分であったのではないか、と云う事を痛感した上での今回のスタンスの変更であるとご理解頂ければ幸いです。

まず、当店では万引きの発見をした場合、検挙率100%ではなかったと云う事。
それは、ただの甘やかしと云われれば反論は出来ませんが、
当店なりの事情に基づく対応であったと云う、云い訳もせねばならないと考えます。
ですので、それを述べさせて頂きますが、理由は主に2つあります。
1つは、万引き犯を捕まえる事をしてしまった場合、基本的に2人しか居ない従業員の1人が大幅に時間的拘束を受けてしまう事。
もう1つは、物品はないしは代金は返ってきますが、犯人の子への将来への思慮を利かせての黙認。

上記しましたが、後者に関しては当店の甘やかしであったのではないか、と現在は思い至っている次第ですが、
実際、事後では学校や家庭での状況は大分変わってくる話だとは思います。
しかし、行為自体は間違いなく悪に該当する話になりますので、余計な情けは無用。自らの行いを若い内に悔やみ、逆に人間的に成長する良い機会だとしっかり教育をした方がやはり良いのではないか?と今は心を鬼にするスタンスを固めつつあるのですが、まだまだ悩ましいところはどうしてもあります。
今までは、仮に犯人を捕まえた場合でも、警察への連絡はぜず親御さんを呼んでのお叱りに留める程度にしていましたが、
これでは効果が薄いのではないかと疑念を抱く事もしばしばあります。

とまぁ、そんな葛藤を経てですね、上記の2つの事を時間的拘束的にも精神的にも改善する方法として、
これからは以下の方法を取るスタンスにします。

万引きを見付けた場合は、見逃す事はせずに必ず声掛けをして捕まえます。
そして、その場合は必ず警察に連絡をし、その後親御さんにご連絡差し上げます。
これは、何事も中途半端は良くないと云う見地からの徹底であり、
警察の方を呼ぶ事により店員への拘束時間を軽減し、警察の方からのご指導にも期待が出来ます。
正直な話をすると、他力依存の様相を否定する事が出来ない形になりますが、
形式と云うのを重んじるのも日本の文化である以上、こう云った手法を今後は取らせて頂こうと存じます。

基本的にはカードゲームと云うゲームに興じながらコミュケーションが取れると云う社交場でありたいと考えていますので、
あまり厳しい話は持ち込みたくはありませんが、当店も遊びで営業をしている訳ではありませんので、
こう云った諸問題には対応させて頂く旨ご理解、ご協力頂ければ幸いです。

以上、宜しくお願い致します。

  //カードショップ・バトラー
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。