--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_07
02
(Tue)06:41

【TCG】BCF2013東京大会@2013/06/30 レポ

ちょいと遅くなりましたが、先日のBCF2013のレポをサクっと書いていきますよー。
何気に一昨年も参加したのですがその時は惨敗で、去年は不参加、そして今年は・・。

はぃ。早速書いていきませう(´ω`)ノ

今回は一昨年と違って一人ではなく、かんざわ氏と共に参加してきました。
車を出してくれたかんざわ氏に多謝。
ヴィクトリースパークにも参戦しているロウきゅーぶ!のゲーム付属DVDを行きの車の中で見てテンション↑。
秋から2期も始まるので色々とwktkですね。
それに合わせて新弾で真帆単が組めるようになる事に期待しております。

そんなこんなで会場IN。
8時30分辺りに着いたので、食事をしたり周囲や会場内の把握を軽くしたりして、いざ13階の会場へ。
ぃゃぁ、人めっちゃ居る居る。
今回はchaos、ヴィクトリースパーク、モンコレの3商品の大会だったのですが、
予想以上に人が多かったように思います。
特にchaosの人数が多くなっていた印象ですが、他2商品も一昨年よりは人数が増えていた印象を受けました。

んで、まずはヴィクトリースパークのジャパンカップに参加しようと意気揚々と受付に。
と思いきや、ジャパンカップに参加する場合は先に卓に置かれている誓約書とデッキレシピ記入をしてからの受付をする運びだったらしく、いきなり空回り。
この辺は少し不案内だと感じましたが、実はどこぞに事前記載とかあったのを私が見落としていたパターンかもなので、深く追求はしない方向にします。

着席後、デッキレシピと誓約書をサクっと書き、いざ受付へ。
かんざわ氏がボールペンを持って来ないと云うヌルさに憤怒(迫真)
・・なんて事は勿論なかったのですが、大きな大会に限らず、ショップ大会等に参加する意志を示すならば、
ボールペン携帯は基本マナーだと私は考えているので、ここは他の方も含めてしっかりとして頂きたいところです。
まぁ、云うてもうちのショップ大会に来られる方の大半は未携帯だったりする訳ですが・・(´ω`)
こう云った考え方には個人差があるとは思いますが、運営を円滑にしたり、無いと不便を感じる事への自らの対処は率先して行うべきだと私は思います。
後で困るのは自分な訳ですからねぇ。
一時期は当店でもボールペン貸し出しをしないで厳格に対処するって事もやってたのですが、
それをやった上でも直らない方があまりにも多く、居心地の悪さや窮屈さが際立ってしまうだけになってしまったので、現在は結局甘やかし状態にしてしまっているのが、なかなかに情けないですね(´ω`)
これがご時世とかって云う言葉ではまとめたくない私も居ますが、なんつーか悔しいですよねぇ。
ぁぁ、もどかしいもどかしい(´ω`)

・・っと、なんか説教くさくなってしまった(´ω`)
話を戻します。

ぇーっと、ジャパンカップについてでしたね。
参加人数:200人ぐらい(明確に数えた訳ではないので大体の人数です)
参加デッキ:ヤミ単(MTL&TLD構成。レシピは別記事にて。結構自信作ですよ)
順位:不明(不名誉な順位なのは否定出来ません)

1戦目 VSシャイニングシリーズデッキ(?) ×
相手のカードを全く分からない状態からスタート。
勉強不足が情けないですが、相手の方が懇切丁寧にテキストを教えて下さったので、
見えないカードだけに意識を集中してプレイ出来ました。
相手の方はこちらのカードを把握されていたようですが、こちらも倣ってテキストの軽い解説を入れながらプレイするように心掛けました。
他人のフリ見て何とやらってやつですね。
実に建設的で好感の持てる試合運びだったと思います。

しかーし、シャイニング・ブレイドのケルベロス・クイーン強いですねぇ。。
ベンチのサポートありきで真価を発揮するカードなのですが、サイズが異常(´ω`)
オマケに試合中3回も出されました。
と云うか、相手ターン中のリングのカードは殆どこのカードでアタックされていた感じががが。。
云うても、私もまぶしい笑顔ヤミでしっかりと1アタック後に除去をしたりとしっかりと刺すところは刺し、
ファイヤーや厄介なエントリースパークは悉くキャンセルをすると云う冷静さと豪胆さを併せ持ったプレイングは出来ていて、自分が持てる全力 は尽くせた試合だったと自負は出来ます。
問題は、私のめくりがヌルくて相手の序盤で揃ってしまったガチな布陣を全く崩せずにいた事。
運要素の話も出てきますが、ファイヤーさえめくれていれば勝てていた試合だったかもしれません。
勿論一筋縄では行きませんが、キャンセルの枚数では負けない構築だったので通す自信はありますからね。
強いて云うなら、サプライズのセットタイミング次第ではファイヤーの発動は出来たかもしれないので、
ここを反省するところがあったかもしれません。
しかし、まぶしい笑顔ヤミをセットしていたお陰で、ケルベロス・クイーンの猛攻をある程度緩和していたのは間違いないので、これも一概には云えない話なんですよねぇ。
それにしても、ヴィクトリースパークで1パンチで10000超え且つパートナーブロック出来ないと云われたのは初めてだったので驚きました(´ω`)
恐るべし、ケルベロス・クイーン。


2戦目 VS.hack ×
女性プレイヤーの方。
こちらの方も1戦目の方同様テキストを懇切丁寧に説明して下さる方だったので、特に困る事なくベストを尽くす事が出来ました。
試合としては僅差の勝負で、強いて云うなら私のヌルさが際立っていた試合でしたね。
めくりと引きの弱さが何とも。
今回に関して云えば、実際プレイングミスがあったと云えますね。
相手のデッキを考えれば、ファイヤーが主力ではないので、まぶしい笑顔ヤミのセット用にサプライズを空でキープするプレイングは不要だったのに、それを待ち続けヌルい手札を交換する事を選択しなかったのは反省点ですね。
こちらの敗因も1戦目と同じで相手のベストベンチに触れなかった事。
ここは上記のサプライズの活用を損なったせいで結果的にズラせなかったと云う事でのヌルさを指摘せざるを得ないですね。
ただ、後半になった際に相手の方が、内部調査(デッキトップ確認後トップかボトムにカード送る)を起動しなくなったりと、付け入る隙があったので、ここもしっかりと攻めたかったところです。
持ち札とデッキとの相談は常にしていかないとダメですねぇ。

とまぁ、2回戦敗退であっさりと大会は終了してしまいましたが、良い経験値も積めましたし、
参加して良かったと云えるぐらいの手応えを感じる事は出来ました。
ありがとうございました!

環境的には、ざっと見ですが、シャイニングシリーズ、はがない@星奈・小鳩、To LOVEる@古手川が多かった印象を受けました。
云うても、あくまでもざっと見なので、詳細ではないのでご注意をば。

続いて、それとは別に雑感とか反省点とか。
多重スリーブについて。
色んな方からブシロードさんの設定レベルの高い大会のスリーブの厳しさは訊いてはいたのですが、
事前にサイトで確認した際には、柄付きへの言及がされてなかったので、
改善されたと勘違いをして結局大会直前にスリーブガード@柄付きを外す羽目に。
これに関しては確認したページが悪かったり、自業自得ではあるとは思うのですが、
以前の処置を知っていたからこその勘違いと云う話もあるので、大会用の注意書きページの細分化をお願いしたいと云う気持ちもあります。
まぁ、変更があった場合にはその旨の記述があるとは思うので、それがなかった時点で自ずと気付くべきだったのかもしれませんね。
反省します。

ダブルイリミネーションと自主ドロップについて。
ダブルイリミネーションとは、2回負けた人間が大会から強制ドロップ扱いになり、以降の大会参加が不能となるシステム。
自主ドロップはその名の通り、好きな回戦終了後に自主的にドロップする事。
で、何が云いたいかと云うと、2回戦目で2回負けた人間とその相手が自主ドロップすると2人まとめてプレイヤーが消失すると云う事。
別にどうこうって話ではないのですが、私の個人的な話で恐縮なのですが、自分を負かした相手には後の試合も頑張って欲しいので「次も頑張って下さいね!」的な激励を送るようにしているのですが、
その相手が「いえ、もうドロップするので・・。」と云ってきた場合なんと云うか気まずいと云うか。。
参加賞目当て的な思惑があったり「1回負けた時点で2回戦目終了後にドロップする気満々でした。」的な話はあるのでしょうけども、何か腑に落ちない感じがあるんですよね。
大会運営側の気持ちとしては、空き席数の確保が出来たり運営は大変スムーズに行えるので、
良いシステムだとは思うのですが、少しこう云った弊害もあるんだよなぁ、と自分が体験して感じた次第です。

時間について。
大会終了時間や次の大会開始時間のアナウンスがないので、身動きが少々取り辛かったですね。
ただでさえ3商品の大会をまとめて運営されているので、スタッフの方に訊いても各商品毎で時間が異なります的な曖昧な回答しか頂けないのは自由度がなく動き辛さを感じました。
それ故に、開始時間に集まりが悪かったりして、結果的に時間が掛かってしまい最後の抽選会を待っていた我々は20時過ぎまで拘束される事になってしまいました。
途中で何度か抽選会の時間確認をしに行った際にも、大会次第です的な返ししか頂けなかったので、
何と云うか結構な程行き当たりばったり感を感じざるを得ませんでしたね。
ここは是非改善して頂きたいところです。


さて・・。
気付けば超長文になってるんだが、大丈夫か?
大丈夫だ問題ない。
多分。

まぁ、折角の機会なので、ブシロードさんの大会運営やシステムについて諸々言及して行き、
改善や提案を出し、それについてのご意見等を頂く機会を設ける意味合いも込めて、このまま長文続行で行きますかね。
読むのが大変かもですが、ある程度のスキルがある方にはこの程度の文章を読むのは全く苦ではない筈ですので気にしない方向で。

続いてタイトルカップについて書いていきます。
堅い文章ばっかだと飽きるかと思いますので、ここらで超絶久し振りにポルナレフにご登場頂く事にしますか。

     

     はがないNEXTのタイトルカップに参加する前に言っておくッ!
                 おれは先日ブシロードの大会レギュレーションをちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐””’”"¨¨¨ヽ
         (.___,,,… -ァァフ|          あ…ありのまま 先日 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|  『おれははがないNEXTのタイトルカップに参加する前に
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ   公式サイトと当日スタッフにレギュレーション確認をしたんだが
        |リ u’ }  ,ノ _,!V,ハ | BTSと記載のあるカードなら問題なく参加出来ると云われたんだ
      /´fト、_{ル{,ィ’eラ , タ人   だからおれは無印込みのデッキで参加する事にした
     /’   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ  だが…大会が始まると同時にジャッジキルされていた』
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉                  
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ      な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ         おれも何をされたのかわからなかった…
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \  
  / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
 ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::..._イ     勘違いだとか確認ミスだとか                                      そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ                                                                                    もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ  


とまぁ、そんな具合ではがないNEXTの大会に無印はがないのカードを持ち込んでジャッジキルされてきました(´ω`)
これには色々と経緯があるので、軽く説明します。
元々今回はタイトルカップへの参加意欲があまり高くなく、ジャパンカップのみを勝ち上がる事を目指して1日動く事のみを考えていました。
勿論、ジャパンカップで敗退した場合はタイトルカップへの参加を考えていので、
事前にサイトにて作品構築とタイトル構築の両方のレギュレーションを確認しました。
まずここで物申さないと行けないのは、上記の多重スリーブにも云える事なのですが、
ガラケーからBCF2013のレギュレーションを確認すると嘘フィルターでも付くのですか?と。
柄付きスリーブへの言及はなく、To LOVEるダークネスのタイトルカップにはMTLはTLDとして扱うと書いてあり、
はがないはBTS~使用可能と書いてありました。
実際これはどうなのでしょう?
私がブシロードさんのサイトのつもりで見ていたけど、実は別のサイトだったとかってオチがあるのでしょうか?
BCF2013レギュレーションでググって辿り着いたサイトですし、実際の文言やページデザインは公式を思わせるモノだったと記憶しております。

上記の確認を前日にしていたので、タイトルカップに出場するならば勿論愛するTo LOVEるダークネスに出ようと意気揚々と受付に行ったら「TLDのみ使用可能です。」と云われ愕然。
た、確かにTo LOVEるダークネスのタイトルカップだし、仕方ないよね。。
準備出来てないから、はがないNEXTに託すかー。
と、はがないNEXTについても確認してみました。
そうしたところ「BTSでしたら問題なく出場出来ます。」と云われ一安心。
スコアシートを見ても「BTS~使用可能」と書いてあったので大丈夫だと確信したので、意気揚々とデッキの最終調整をば。
マリア単はNEXT単だとかなり残念なので、無印の力を借りてヒャッハーするぜーとテンションもそこそこに↑。
しかし、卓に着き、対戦相手の方と話をしている内に違和感が。。
「無印のカードを入れられたらもっと強いデッキが云々~」
ん?まさかね・・?確かにはがないNEXTのタイトルカップだけどさ・・。スタッフにも確認取ったし大丈夫に違いない。。
で、いざ大会開始!リングイーン!!
相手先行でターンエンド。よし大丈夫そうだ。
相手「ぇ?高山マリア?」
私「ぇ、ぇぇ。高山マリアですよ・・。やっぱダメだったかな?」
はい、ジャッジー!!
ジャッジの方が来られてから審議が入り、暫くすると以下のような裁定を頂きました。
「今回ははがないNEXTの大会なのでNEXT以外のカードは使用出来ません。この試合は敗北になりますが、
 次の試合はデッキのカードを全てNEXTに入れ替えを済ませた場合は続行可能です。続行されますか?」
ぃぃぇ。。
無理です。組めない事はないですが、1戦落とした挙句にNEXT単のマリア単で星奈に勝つとか無理っス。。
ってな訳で自主ドロップをする事に。。
ジャッジの方も大変申し訳なさそうに対応して下さり、
対戦相手や周りの方々も「これは分からないですよ。サイトの掲載デッキを見てNEXT単だと判断したんです。」
「はがないは無印もNEXTも両方BTSなんですよね。なんででしょうね?」的な話をしたり、
色々と同情を頂き何か複雑な気分になってしまいましたね(´ω`)
実際、はがないNEXTに関しては「BTN」とかにすれば良かったのではないかと今回の事で激しく思った次第です。
個人的な予想ですが、OVAのせいなのかな?と思ったりも。
To LOVEるダークネスと同時発売されたはがないのデッキは、NEXTではなくOVAだったので無印に属する訳ですが、
製作の際OVA版をNEXTだと勘違いしてナンバリングをそのまま継続する形にしたので、NEXTもBTSのままになってしまった、とか。
まぁ、こんな予想は無意味なので、この話はこの辺にしておきますか。

しかし、こう云った事件は他の会場でも起きていたような話も聞きましたので、
開始前に注意を喚起する事で回避する事は出来たのではないでしょうか?
話に訊いたところ、公式サイトのレギュレーションのところにはNEXTのカードのみ使用可能と記載があったらしいので、
大会前に公式サイトを確認していた方は無事に参加出来ていたそうです。
では、私が見たサイトはやはり公式サイトではなかったと云う事なのでしょうか・・。
それともモバイル版だと文言が抜けていたとか・・?
いずれにしろ、公式サイトで確認をしないで、当日に参加を決意した方は出場が難しいと云う事は間違いないです。
事前受付なしで当日参加受付で運営する大会としては、少々お粗末なのではないでしょうか?
やはり、はがないNEXTのタイトルカップではあると、名前が付いてはいるので、多少の回避は出来るかもですが、
勝ちに貪欲だったり、深読みする人間にはこの程度では弱いと考えます。
手間でしょうけども、スコアシートの「BTS~使用可能」のところに、はながないNEXTのカードナンバリングをご記載頂ければ幸いです。
少なくとも東京大会でこう云った事件を起こし、こうしてブログに書いているのですから、
残りの会場ではこのような事にならないように努めて頂ければ幸いですね。

因みにはがないのタイトルカップ参加者は少なく、32名ぐらいでした。
To LOVEるダークネスの方は60人以上居ましたね。

ふぅ。
我ながら何ともハプニングに満ち溢れた人生。
退屈しなくていいですねー。
まぁ、自分が人柱になる事で誰かが救われるなら、それはそれでいいのかもですね。
ぃゃぁ、リアル人柱は嫌ですけども。。

そんなこんなで、フリーファイトに参加する元気も失い、かと云って消化不良な事もあったので、
抽選会まで待つ事にしました。
そう。
これが負の連鎖の始まり。

時間が空いたので、デッキをいじりながら足りないカードをカードキングダムさんの出張ショップで購入したりしてたまでは良かったのですが、
なんか無性にパックをぶっぱしたくなりました。
ふと見るとアクシアさんのブースにて、2000円毎にくじが引ける記述を発見。
オマケにBOX購入だと2回引ける・・だと。
東方は好きだし、神格化とまで云っていいぐらい好きな妖々夢と永夜抄なんだよなぁ・・。
紅魔篇は買ってたし、買うか・・と釣られ始める。
更に、特等は初弾カードに絵師さんの直筆サインが入ったカードが貰える・・だと。
正直、カード的にはあまり欲しいカードは無かったのですが、1等に探し求めていた追加パック1もあるので、妖々篇をぶっぱ。
妖夢でデッキ組みたかったので8BOX購入。
欲しいカードが取り敢えず揃ったので、次は永夜篇を攻める。
で、気付けば9BOX購入し、最初に間違って買った追加パック2を入れると計18BOX買ってしまっていた罠。
他にも永夜篇のトライアルデッキやスリーブも購入しますた。
後日気付く事ですが、結局妖々篇のカードがまだまだ足りてなかったので、
残ってた2BOXも買ってしまえば良かったと後悔(´ω`)

そして、65kほど使って当たった内訳がこんな感じ。
特等:0
1等:3
2等:5ぐらい
3等:いぱーい
結局、特等は1日を通して1回しか出なかったと云う、そこそこに鬼畜仕様だった罠。
まぁ、スタッフの方々に悪意はなかったと信じたいので、単純に皆の引きが弱かったと云う事にしておきましょう。
何せ夕方から閉会近くまでずっと絡んでいた訳ですから、補正も入るってモンです。
私の事を見るに見かねてちょっとサービスして頂きましたし(ぼそっ
って、私は一体何をしに行ったんでしょうね(´ω`)
んーむ。
運営に資金援助しようって気持ちはあったので、まぁ、実際の話、無問題ではある訳ですけども(´ω`)

以下、ぶっぱの模様。




んで、引きもショボンだった上に時間を持て余していたので、
おもむろに机に箱やら何やら全出ししてカード整理をその場で始めてしまう私。
周囲からの注目度の高さなんて知らないです(´ω`)
寧ろ、見て笑うがいい!ってなテンションでしたからねぇ。。
大量に入手したクリアファイルを欲しがる発言を遠巻きにする方が多かったですが、
ちゃんと話掛けてさえくれれば実は快く差し上げるつもりで構えていました。
云うても、私が変なオーラ出してたくさいので、話掛けてくるような気さくな方は居なかったのですが(´ω`)

んで、表彰式を終えた後に抽選会の開始。
ぃゃぁ、スコアシートの提出をしたけど、途中で帰る人の多い事多い事。
実際、今回は時間が押しに押してたようなので、流石に待たずに帰る方が多かったのでしょうね。
当選しても該当者なしってのが半端なくありました。
オマケに、こう云ってはなんですが、大会に参加しに来た記念品を持って帰ると云うような内容でもなかったかなと正直思ってしまいました。
結構、他TCGとかだと豪華景品があったりもするので、それを期待しての待機もあったのですが、
多くの参加者から僅かの人数が選出される割には内容が豪華さに欠けていたように感じました。
私はショップ店員である前にTCGプレイヤーでもあるので、これは1プレイヤーの意見として受け止めて頂ければ幸いです。

そうそう。
抽選会と云えば、私にとって意外な方の発見があったので、これに関しては最後まで居て良かったと思いました。
名前を出すのは、ご本人に確認を取っていないのでしませんが、
To LOVEる好きで知り合った某方が会場にいらっしゃった事が分かって嬉しい気持ちになりましたね。
まぁ、ここまで書けばTo LOVEる好きで会場に居た方には分かってしまうと思うかもですがね(´ω`)
一声掛けようかとも思いましたが、時間が押した上での閉会時間間近でしたし、何より色々と疲弊が半端なかったので、後日ブログの方かツイッターの方にでもお声掛けさせて頂こうかと。

んー、超絶に長々と書いてきましたが、大会のレポと云うよりかは、運営についてとかの事が内容を占める形になってしまいましたねぇ。
オマケに自分の未熟さを痛感する事も多く、なんか妙に反省点の多い1日となった気がします。
多少語気や表現が悪いところもあるかも分かりませんが、
基本的に私はブシロードさんを応援する立ち居地を取っていますので、特にdisるつもりはありませんので誤解なきようにお願い致しますね。
改善すべき余地がある部分は改善して行った方が良いと思いますし、イベント毎に建設的な話が出来れば理想だと考えていますので、回を重ねる毎により良い運営をして行って頂ければ幸いです。

ものごっつ長くなりましたが、参加された方々、ゲストの方々、運営されていたスタッフの方々、お疲れ様でした。
来年も参加させて頂くと思いますので、今後とも宜しくお願い致します(´ω`)ノシ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

(_´Д`)ノ~~オツカレー

ボールペンは入れたつもりだったんだが、入ってなかったんだよ(言い訳)
まぁ結果的に二本も買ってしまったわけだがww

いやぁ大会では色々なことがあったが、それでも個人的には多少楽しめたからよかったかなぁ思ってますよ
だが残念なところもあったってのは事実ですし、次の大会までに問題に対する処置をしてもらえたらいいと思うので、今となってはあまり気にしてないですね

何はともあれ(_´Д`)ノ~~オツカレー
まぁ次は結果を残そう

2013/07/02 (Tue) 11:01 | かんざわさん #- | URL | 編集 | 返信

お疲れちゃん(´ω`)ノ


ボールペンの持参忘れは、当日現地購入とかでも良いとは思うよ(´ω`)ノ
問題は持って行こうとか買おうとかと云う意思の話だからね。
「対戦相手や運営から借りればいいや。」
って思考の人は何様なのかしら?個人的に全く理解が出来ないので、
その思考の方に一度問い詰めてみたいところ。

まぁ、私もなんだかんだでイベントとして楽しんではいましたよ(´ω`)ノ
ゲストの方と対戦出来る用にchaosTCGも持って行けば良かったなーと云う反省があったりしたけども。
たみやすさんと対戦してみたかったなー。
来年はちゃんと準備して行こう。
色んな意味で。
ブシロードさんの方の変化にも期待しつつ、次回はお互いに結果残そうず(´ω`)ノシ

2013/07/02 (Tue) 14:00 | さる~いん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。