--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_02
22
(Sat)08:35

【デッキ】カウンタースリヴァーズ@MTG

【クリーチャー】
骨鎌スリヴァー/Bonescythe Sliver 1
風乗りスリヴァー/Galerider Sliver 4
念動スリヴァー/Telekinetic Sliver 1
墓所スリヴァー/Crypt Sliver 1
先制スリヴァー/Striking Sliver 4
ハートのスリヴァー/Heart Sliver 4
悪性スリヴァー/Virulent Sliver 4
宝革スリヴァー/Gemhide Sliver 4
マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver 4
水晶スリヴァー/Crystalline Sliver 1
壊死スリヴァー/Necrotic Sliver 1
メタリック・スリヴァー/Metallic Sliver 4

【ソーサリー】
遠くの旋律/Distant Melody 2
暴走の先導/Lead the Stampede 3

【インスタント】
対抗呪文/Counterspell 2
否定の契約/Pact of Negation 2
みなぎる活力/Vitalize 2

【アーティファクト】
旗印/Coat of Arms 1

【土地】
島/Island 1
山/Mountain 2
森/Forest 8
古代の聖塔/Ancient Ziggurat 3
根縛りの岩山/Rootbound Crag 1

【バランス】
□デッキ:60
□0マナ:2
□1マナ:18
□2マナ:16
□3マナ:4
□4マナ:4
□5マナ:1
□土地:15
□基本地形:11
□特殊地形:4
□クリーチャー:33
□インスタント:6
□ソーサリー:5
□アーティファクト:1
□白:1
□青:11
□黒:1
□赤:8
□緑:17
□茶:5
□白青:1
□白黒:1
ほぃ。
紆余曲折を経て色々な形を組んだカウンタースリヴァーズが落ち着いた形がこれです。
云うても、サイドも仮組みだったり、EDHにカード持っていかれたりしていて少し半端だったりしますが(´ω`)

そう云えば、言及していなかったのでスリヴァーズの変遷も書いてみますか。

最初は、ただ各種スリヴァー並べるだけのビートダウン。決めては二段攻撃でしたね。
次は筋肉や捕食を序盤から並べて旗印で押し切るパワー型ウィニー。
この辺から軽い方向へシフトし、首領等の大型クリーチャーは別デッキで使おうと云うコンセプトへ変わりました。

そして、ウィニーだと場持ちが不安になってきたので、守るカードやカウンターを視野に入れ始めます。
故に場持ちの観点から、墓所を使った再生による場持ち重視にシフトして行く事になります。
この形は対ビートダウン相手なら、警戒&再生とパワーと体数で押し切れたので、勝率も安定してきました。

しかし、終止や火葬と云った再生出来ない除去や追放するカードを使われるようになり、
この形も安定感を欠いてきたので、また次のステップへ移行する事となります。

お次は、単体除去相手ならば、と水晶を入れ被覆を持たす事で更なる安定感の向上を試みました。
再生や自身へのサクリファイス効果とアンチシナジーではありますが、全体除去以外には圧倒的な場持ちを見せ、
全体除去だけはカウンターをすると云うコンセプトで狙い通りの成果を上げる事が出来るようにはなりました。

ただ、場持ちと速度の同居ってのはやはり噛み合わなくて、
早期決着が付くのであれば、場持ちやカウンターは最小限で良いのではないか?
と行き着いたのがこの形です。
基本的な勝ち筋は、毒カウンターによる特殊勝利で、
他には念動によるマナロック+ビートダウン&毒、旗印によるパワーゲー等。
後になって気付きましたが、旗印の枠は軍団でも良かったんですよね。
当時は軍団持ってませんでしたし、軍団は今EDHに出向しているので、まぁ、気にしない方向で。
それにこの形もこれで見納めで、そろそろ次のステップに進もうと思います。

そう。
遂に念願の熱狂と休眠を入手出来ましたので、今度はこの2種を使ったスリヴァーズを構築してみようと思います。
熱狂は、コイントスと云う曖昧さはありますが、明滅が成功すれば全体除去への耐性も付きますし、
休眠のCIP効果のドローともシナジーがありますし、アンタップする効果としても使って行けますので、
運用してみて手応えを感じたらクラークの親指辺りも仕込んで、熱狂をメインに据えたデッキ構築もしてみたいですね。
休眠は、防衛を持ってしまいますが、熱狂や他のサクリファイス効果でいつでもサクれるようにしておけば、
ドローエンジンとして機能しますので、1マナスリヴァーを多目に投入し、
マナスリヴァー+速攻とでボードアドとハンドアドを作りまくるデッキを組もうかと思います。
みなぎる活力も絡めれば、序盤からデッキを引ききるぐらいの事も出来る筈ですので、
上手に構築していきたいですね。
この形がカンスリの完成形になりそうだと確信したら、Force of Willの追加入手も視野に入れていきます。
ぃゃね、熱狂も休眠も念動も風乗りもデッキの主軸になるスリヴァーって結構青いんですよねぇ(´ω`)
あと、デュアルランドとまでは行きませんが、そろそろ土地も少しガチで見ていきますか。
古代の聖塔でも十分っちゃ十分なのですが、今はそこそこ安価ですし、真鍮の都ぐらいは入手してこようと思います。

MTGのデッキはライン引きが非常に細かい訳ですが、
この辺のライン引きすらも凌駕するぐらいの勢いで、
なるべく安価で戦えるデッキ構築と云うのも継続して行ければ幸いですね。
まぁ、縛りとかのネタデッキに関しては、限界があるので逆に相手にラインを求める形になったりもしますが、
ガチかカジュアルかとでその辺は楽しめる事を前提としてやって行ければ幸いですね。

次のデッキの更新は、ミノタウルス@スタンダードの予定です(´ω`)ノシ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。